天気の子のネタバレ詳細!ラストまでのあらすじと感想。君の名関連も?!




2019年7月19日から放映が開始した新海誠監督の「天気の子」。2016年に社会現象にまでなった「君の名は」から早3年、わくわくしながら映画館に行ってきました!

見る前からネタバレが気になる方向けにまとめました。かなり詳細です。

完全にネタバレになりますので、気をつけてご覧ください。

※目次部分もネタバレが入っています!

最初の感想はまだネタバレなしですのでどなたでもご覧いただけます。

映画「天気の子」のロケ地についてまとめておきました。映画に出てきた場所をピックアップしています!夏休みにお友達と、家族と散歩がてら天気の子の...

天気の子のあらすじ

これはーーー僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語。

家出して東京に出てきた少年と、天気を晴れにすることができる能力を持った少女の物語。

東京で必死に生きようとする少年少女たちの葛藤、友情、恋を描いています。

天気が狂って雨ばかりの異常気象が続くという設定も地球温暖化問題に少しだけかけているようでした。

美しい天気や雨の雫など、新海誠監督による繊細な描写がこれでもかと堪能できます。

雨ばかりの天気が続く東京に、果たして晴れはやってくるのでしょうか・・・?

天気の子鑑賞後の感想(ネタバレほぼ含まず)

ストーリーの感想

賛否両論になると聞いていたこと、主人公達が家出少年達なのでターゲティングしている年齢層が若いと聞いていたのですが、アラサー、アラフォー、アラシスの3人で行きましたが、普通に全員で楽しく見ることができました。

最初から最後まで流れやテンポがよく、ちょっとしたアクションや逃走もあり、最後の展開が読めそうで読めなくて面白かった!

思い描いていたストーリーのやや斜め上の方向に向かっていくストーリー。最後もある意味ハッピーエンドではあるが、その代償がある感じ。

僕と彼女だけが知っている・・・と書いていたけれど、彼女の弟も知っているので3人だと思う。

内容やテーマ感想

気づいたら夢中になるほど誰かを好きになっていた、思春期の熱い想いって素敵だなと思わせる。

描写感想

雨、晴れ、曇、雪など様々な空模様をリアルに美しく描き出していました。新海誠監督らしい美しい映像を満喫できます。

物語抜きで東京建築物や天気模様を中心とした作品としてでも楽しめます。

東京の様々な風景がリアルで楽しめます。新宿駅まわりなどが多め。

声優感想

声優も皆自然体で良かったと思いました。主人公は森島帆高(醍醐虎汰朗)と天野陽菜(森七菜)です。

出典:https://tenkinoko.com

メインの声優二人についてはこちらもどうぞ

ついに「君の名は」から3年、新海誠監督の待望の最新作がまもなく7月19日より公開されます! 映画の予告 あらすじ 主題...

出典:https://tenkinoko.com

須賀圭介(小栗旬)・・東京行きのフェリーで帆高を助けてくれる編集プロダクションのライター。過去に大好きな妻を亡くしており、娘は義理母が預かっている。

夏美(本田翼須賀)・・須賀の事務所でバイトしている女子大生、就職活動中。

冨美(倍賞千恵子)・・帆高と陽菜にお天気依頼をする下町の老婦人。

天野凪(吉柳咲良)・・陽菜の弟、小学生なのにすでにモテる、頭の良いできる男の子。

安井(平泉成)・・事件を追う老人刑事。

高井(梶裕貴)・・相棒刑事、かなり子供相手にてこずる。

広告や提携企業

ソフトバンクのお父さんも2回ほどさりげな〜く出ていました!全体を見ていると全然気づかない感じです。

また、色々なところで宣伝かと思うくらい街の中で見かける看板、商品名やビル名がそのまま出ていました。

パートナー企業はサントリー食品・Z会・ソフトバンク・バイトル・日清・ミサワホーム・ロッテなどですが、それ以外にも・・!バ〜ニラバニラバ〜ニラ♪が音声付きで、まさに東京らしかった・・・笑

ここから完全にネタバレになります。ご注意ください!!!!

天気の子詳細ネタバレ。ラストまで

帆高と陽菜の出会い

帆高は田舎暮らしの16歳。地元や両親が窮屈で、東京に行くと決心し家出をします。それを決めたのも自転車で地元を走っている時に、太陽が差している方向へと導かれるように、海を渡ろうと決めた模様。。

陽菜は母を1年前に亡くしており、今は小学生の弟と2人暮らしをしている15歳。(年齢をごまかしており、18歳としていました。)母が入院していた病院の窓から外を眺めている時に大雨の中、一箇所だけ太陽の光が溢れいている場所を見つけ、吸い込まれるように気づいたら向かっていた。ビルの屋上には鳥居があり、願うようにくぐると天気が晴れていたのだった。

家出をしたものの、身分証明書もない帆高は仕事を見つけることができず、街中をさまよっていました。ある時は雨を凌ぐためにビル内に座り込んでいると、キャバクラのオーナ風の男に追い払われます。その時に拾った荷物の中に銃が入っていたのですが、本物とも思わず、そのまま持って帰ります。

雨に濡れては漫画喫茶に戻る生活を繰り返し、夕食はマクドナルドを3日連続・・。そんな時、マクドナルドにてバイトをしていた陽菜からビックマック的な美味しそうなものを恵んでもらい、運命の出会いをします。

帆高が居場所を見つける

未成年で補導されて実家に帰されるのも嫌ですが、仕事も見つかりません。家出をしに船で東京に出てきた時に船内で助けてもらった須賀という男性を訪ね、直接名刺に書かれていた住所へ向かいます。

事務所では、夏美がソファーで寝ていました。彼女は実は須賀の姪なのですが、特に説明もなかったので帆高は須賀の愛人なのだと勝手に勘違いします。

月3000円、衣食住付き、雑誌のライティングや雑用をしながらなら住んで良いと言われ、彼らの仕事を手伝うようになります。

帆高と陽菜が友達になる

ある時、歩いていると自分にビックマックを恵んでくれた女の子が、自分を追い払ったキャバクラオーナー風な人と歩いているのを目撃します。何やかイヤイヤついていっているようにも見えたため、帆高は立ち向かいます。

男性に捕まえられ、殴られ、力の差を思い知らされます。。帆高は不意にバッグに入っていた銃を取り出し、彼に向けます。バンっと空に放たれました。本物の銃だったのです・・・・

とっさの出来事にひるんだ男たちを後に、2人の少年少女は走り出します。辿り着いたのは陽菜が晴れ女になった鳥居のあるビル。銃を人に向けた帆高をしかる陽菜でしたが、屋上にて、祈りの力を帆高に見せます。

彼女が祈ると天気が晴れていくのでした。その美しい光景に帆高は心が揺さぶられます。

仕事が必要だった彼女のために帆高はある仕事を思いつきます。晴れ女パワーを活かしたお天気ガールとして、晴れを売ることにしたのです。

お天気を商品としてビジネス開始!

お金が必要だった陽菜に、帆高がお天気のビジネスを提案します。陽菜の祈りが天気を招く能力を必要としている人がいる!と見抜いたのです。

早速ホームページを作成すると、おまじないでもいいからこんな天気を晴れにして欲しいという依頼がドンドン入ってくるようになりました。

陽菜が一緒に生活している小学生の弟、凪と共に3人でお天気を販売するビジネスをスタートさせます。

フリーマーケット、運動会、孫と遊ぶ日、結婚式の為になどなど、100%成功する陽菜のお天気サービスがどんどん好評を得てお客さんからの依頼が途絶えません。ついには外苑の花火大会の依頼まで来て、テレビで彼女の祈り、そして晴れる様子が放送されると一気に知名度が上がり、もう追いつかないほど依頼がくるようになったのでした。

その頃、だんだん陽菜に疲れの色が見えてきていると感じた帆高は一旦依頼募集を打ち切ってお休みを取ろうと考えていたのでした。

帆高の陽菜への好意

帆高は陽菜をどんどん好きになっていっていました。陽菜の弟、凪は小学生なのにとてもモテていつも同級生の女子に囲まれています。そんな彼にアドバイスを貰って、陽菜への誕生日プレゼントに指輪を選びました。

購入して、あとは陽菜に渡すだけ!陽菜の家までの帰り道に意を決して渡そうとしますが、陽菜が一瞬ものすごい風に包まれて消えてしまいます。え?!と焦ると陽菜が空から降りてきました・・・。あの鳥居をくぐった日から、陽菜の体は空と繋がってしまい、祈れば祈るほど、その体はどんどん地上界から消えていっていたのでした。天気にする代償に、自分の生命の力を削っていたのでした・・・。

警察の捜索対象に・・・!

その頃、街中の防犯カメラに映った銃を持った帆高の映像を元に警察が彼を探し回っていました。ついに陽菜の家にまで、帆高を知らないか?彼には行方不明届けが出ている、と警察が聞き込みにきました。また、陽菜と凪の2人の子供だけの生活にも問題があり、児童相談所へ行くようにと言われてしまうのでした。

ついに帆高はお尋ね者になっており、がっくりしてしまいますが、凪がそんなのカッコいいじゃんと励まします。

警察は須賀の事務所をも訪ねていました。このままでは誘拐罪になってしまうことを恐れた須賀は、帆高をこのまま事務所に置いておくのは危険だと感じ、地元に帰るようにと退職金の5万円を渡して促します。

帆高は承諾し、事務所を出て陽菜のアパートへ向かいました。2人も荷造りをして家を出る準備をしていました。「僕も一緒に行く。」と意を決し、3人で街を彷徨うことになります。特にこの日は大雨、至るところのホテルが帰宅難民で満室になっていました。

警察に捕まる?!

ホテルを探して3人で大雨の中を歩き回っていると、警察に補導されます。そしてもしかして今捜索されている銃を持った男の子なのではないかと気づかれてしまいます。

こんなところで捕まってしまったら自分は地元に戻され、陽菜と凪はバラバラに児童相談所に送られてしまいます!なんとか避けたい帆高は自分が囮になって逃げ出し、警察に追われます。

しかし捕まってしまいます。そんなことはさせない!陽菜が警察の手を離すように取っ組み合いをし、天に向かって「お願い・・!」と祈ります。すると雷がドカーンと近くにあったトラックを燃やし、火事が発生。警察もそちらを優先しなければならず、2人はそのハプニングをうまく利用して逃げ出します。

ホテルにて束の間の休息

やっと宿泊できるホテルが見つかりました。3人で28000円・・少し高いですが、5万円の退職金を持っているのでなんとかなりました。

もう思いっきり楽しもう!と大きなお風呂のジャグジーを楽しんだり、自動販売機内の焼きそばやカップラーメンなどの食べ物を沢山購入して、ホテル内はパーティ気分!付属のカラオケも楽しんでゆっくりするのでした。

しかしその夜、陽菜は自分の体に起きている現象について帆高に語ります。自分がこの悪天候を止める代償として消えなければならないこと、消えないといつまでもこのような天気が続いてしまうことを語ります。2人共溢れる涙が止まりません。こんなことってあるのか・・・、とても辛い状況に追い込まれていました。でもきっとなんとかしよう、一緒にいようと、帆高は誕生日プレゼントの指輪を渡し、陽菜の指にはめるのでした。

翌朝、陽菜が消えてしまっている・・・

朝起きると、凪、陽菜、帆高と並んで寝ていたのに、陽菜の姿がありません。彼女が来ていたバスローブだけがそこに残されていました。そして天気は晴れていたのでした・・・。慌てている2人の元に警察がやってきました。2人は警察に連れて行かれます。

陽菜が目を覚ますと、大きな雲の上にいて、自分の体が消えてしまっていました。はめていた指輪がするりと抜け落ちて空から落ちてしまいました。どうしようもなさ、悲しさが襲ってきます。

帆高が警察に連れられて外に出ると、陽菜にプレゼントした指輪が空から降ってきます。本当に陽菜は空へと消えてしまったのです。

何十日ぶりの天気に人々はみな笑顔で幸せそうにしています。しかし、それと引き換えに陽菜は消えてしまった・・・・なんとかして陽菜を助けないと・・・!

帆高は警察に連れて行かれましたが、スキをついて逃げ出し、良いタイミングで夏美さんのバイクに乗せてもらい、一気に警察を巻いて逃げます。途中水たまりにバイクの足が取られ、進めなくなりましたが、電車が運休している山手線の線路の上をひたすら走って新宿のあの鳥居のあるビルを目指して走っていました。

凪は児童相談所に連れて行かれましたが、うまく女友達と連絡を取って、逃げ出す手伝いをしてもらいました(女の子に凪のフリをしてもらい、女装で逃げ出します!)

警察とのラストバトル!

帆高がビルまで辿り着き、急いで屋上に向かっています。すると、須賀が現れます。このまま逃げ回っていては駄目だ、一緒に警察に行こう。と帆高を諭そうとして手を離してもらえません。警察のサイレンの音も聞こえてきました。

このまま警察に捕まってしまっては、陽菜を空から助け出せない・・・!陽菜に怒られて捨てた銃がこの建物の中にありました、それを手に取り、自分を離してくれるようにと空に向けて撃ちます。

彼の気迫と心からの熱望に須賀の気持ちがぐらついたところで警察が4人到着します。彼らも銃を片手にどんどん帆高に迫りました。なんとか逃げ道を探すのですが、帆高は捕まってしまいます。

どうしても陽菜を助けたい・・・!帆高の気持ちに動かされた須賀は警察に向かって拳を振り上げ、彼を自由にさせます。振り切って逃げてもベテラン刑事が追い詰めてきました。そこへ女装をした凪くんがナイスタイミングで刑事に蹴りを入れ、なんとか振り切ることが出来ました!!急いで屋上に向かってかけていきます。

帆高、陽菜を助けに空へ

ついに強く願いながら帆高も鳥居をくぐりました。その瞬間にぶわっと体が包まれ、空に飛び込んでいました。風に揉まれながら、陽菜を探して叫び続けます。

その声に、希望を失って倒れていた陽菜が反応し、走り出します。

帆高が近づき、陽菜がおもいっきりジャンプをして帆高の手を取ることが出来ました!!

・・・絶対に離さない・・・強い想いと共に2人は手を取り合って雨雲の空の中を猛スピードで落ちていきます。

もう彼女は晴れ女ではない、彼女と引き換えに天気がどうなってしまってもいい。陽菜さえ居てくれれば・・・と強く想いました。

3年後・・・

そして3年の時が経ちました。帆高はついに高校の卒業式を終え、東京へとやってきました。

あれから東京に来るのは初めてでした。あの日から3年間、東京では雨がやまず、様々な地域が水没し、生活は船頼み・・変わり果ててしまった姿でした。

そんな東京の姿を見て、自分たちが変えてしまったことをどう受け止めたらいいのかわからず、自問自答を繰り返していました。

須賀さんのオフィスは大きくなり、元気に過ごしていました。自分たちが世界を変えてしまったと落ち込むな。元々世界は狂っていたんだよ。というアドバイスで励まされる帆高。

そういえば・・と自分たちが作成したお天気販売のホームページが残っているのかを検索してみました。すると、1件だけ見過ごしていた依頼が入っていました。

訪れた先のおばあさんの家で、ずっと昔はこのあたりは海だったんだよという話を聞き、以前に戻ったんだね。。という話を聞きます。

あれ依頼陽菜に会っていない帆高は、どう話たらいいかな?と色々考えながら歩いていました。すると、曲道から出てきた女性が空に向かって祈っているではないですか。

陽菜です、全然昔と変わらず、皆のために祈る彼女の姿を見て涙が溢れます。

2人は再会し、喜びを分かち合いました。

「君の名は」の登場人物はどこにいた?

君の名はの瀧くん、三葉、四つ葉が登場していて前作ファンもおぉぉ!となるポイントあり!似たような顔の別キャラクターなのかと思いきや、エンドロールにもしっかり彼らの名前、そして同じ声優さん(神木隆之介、上白石萌音)が担当していました。しっかり見ていないと気づかないうちに見逃してしまうかも!

出典:https://tenkinoko.com

瀧くんーー天気を依頼したおばあさんのお家にきている孫として登場。見慣れた顔が急に登場するので、え?!と皆思うと思います。だいぶ登場中の尺は長いので見逃しはないと思います。

三葉ーー帆高が陽菜の18歳の誕生日プレゼントにと指輪を購入したお店の店員さん。これもらって嬉しいですかね?といった彼の質問に対して、長い時間選んでくれたんだから私なら嬉しい。と優しく心のこもったアドバイスをくれました。髪の毛はだいぶ長くなっていますが、しっかり髪の毛に赤い組紐の飾りありです!

四つ葉ーーお恥ずかしながら、私見逃しました。エンドロールで発見して、え?!いたの?となりました。確認次第記載します。

映画「天気の子」のロケ地についてまとめておきました。映画に出てきた場所をピックアップしています!夏休みにお友達と、家族と散歩がてら天気の子の...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする