リレーアタックによる車窃盗にあわないようにする対策!




ピッキングなどの車泥棒と違い、

今ではなんと車両に触れずに2秒程度で鍵を開けることができるそうです。

流行ってきているそうですので、注意する必要があります。

どのように車を守ればよいのでしょうか?

リレーアタックとはどのような手法なの?

車と鍵の電波を受信し、増幅させ、中継する機械を利用する車窃盗です。

1人ではなく、2人もしくはグループで犯行に及びます。

車に触らずに、電波を発している車から電波を拾って

その電波を鍵に届け、次に鍵から発される電波を拾って

車までその電波を届けて、車の鍵を解錠してしまう・・・!

という巧妙なリレーアタック。

リレーアタックの犯人はどのような特徴なの?

少なくとも2人組以上電波をキャッチするレシーバーを持っています。

  1. 車の電波・・・・車の側に留まる人
  2. 鍵の電波・・・・家、もしくは鍵の持ち主に近づく人

犯人の使うレシーバーとはどのようなものなの?

車の鍵を操作する装置は、市販のトランシーバーを改造したり、

市販されている部品を利用して作ることができてしまうそう・・・。

レシーバーはiPad程度の大きさから、車の鍵程度の大きさのものもあり、

自然と通行人を装いながら車や鍵の持ち主に近づくことができるので要注意です!

いつ頃からリレーアタックは出ているの?

日本ではここ2〜3年だそうですが、

海外では10年くらい前から事件が出回っているようです。




盗まれた車の行方

セルシオやレクサスで150〜200万円程で仲介業者が売るそうです。
もしくは国内で部品としてバラバラにして海外で販売
また、車ごと海外に売り飛ばして足がつかないことも多々あるそうです。

特に盗まれている車

ニュース番組ビビッドによると

  1. プリウス 986台
  2. ハイエース 878台
  3. ランドクルーザー 478台

が現在盗まれている上位の車だそうです。

危ないシチュエーション

家の目の前に車を停めており、

鍵を玄関や、家の中電波が届いてしまう位置に置いている。

電波は20mくらい車と鍵が離れていても開けてしまえるようです・・・。

ということは、鍵をガードしない限り、どこに置いてもほぼほぼアウト!

特に深夜、人通りが少ない時に狙われることが多いです。

鍵

駐車場のエレベーターの中

車の側に既に電波待ちをしている仲間を配置したのちに

エレベーターの中で鍵の電波を取得するために待機。

人がエレベーターに乗ってきたら鍵の電波をすぐに取り、

車の近くの人が電波を受けて車を盗みます。

駐車場付きレストラン・カフェ

ファミリーレストランなどは、まさに盗み易いそうです。

レストランの目の前の駐車場に車が停まっていますから、

仲間が店内を歩き回わる、もしくは店舗の外から電波を拾って

すぐに車を盗むことができます。

コインパーキング

車を駐めて出ていく時に、2人組のうちの1人が後をついて

鍵の電波を取り、車の横にいる仲間に送ることがあります。

車




今日からできるリレーアタックへの対策

電波を遮断させる

鍵からは常に電波が出ています。

犯人達の持つマシンの威力は強いので自分で鍵を守らない限り

狙われたらアウトかもしれません!

電波は遮断できるので、今日からでもガードしましょう!

電波遮断ポーチに入れる

市販でリレーアタック用の鍵ガードポーチが販売されています。

電波遮断、スキミング防止のポーチですので、

常にポーチに入れた状態で持ち歩く、家で保管するようにしましょう。

スマートキーポーチの例

金属製のものでガードする

自宅に居る際にできることです。持ち歩いているときには難しいかもしれません。

鍵を金属の缶に入れる

アルミホイルを巻く

節電モードにする

車のタイプによっては、電波を発する鍵を

節電モードに切り替え設定することができるタイプもあるそうです。

大事な車が盗まれないように、自宅に帰ってきたら

車の鍵をポーチに入れるか、金属の缶に入れてしまいましょう!

出かけている最中にも、ポケットに鍵を入れるだけでは電波が

漏れている状況です!ガードポーチに入れて対策しましょう!

☆いつも当ブログにお越し下さりどうもありがとうございます。☆
よろしければランキングを押して頂けますと嬉しいです(*^^*)
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする