ピエール瀧を逮捕した麻薬取締部(マトリ)とは?所持していたのはコカイン




今回ピエール瀧容疑者の逮捕によって、マトリという言葉をよく聞くようになりました。一体どのような部署なのか、また、今回押収された薬物、コカインについて調べてみました。

ピエール瀧を逮捕した麻薬取締部 、通称マトリとは?

マトリとは、薬物犯罪の捜査鑑定を行う少数精鋭の部隊で、厚生労働省に所属しています。

こちら、警察の中の部署ではなく、厚生労働省なのです!

全国に現在200名程捜査官がいて、8個所にオフィスがあり、多くは東京、大阪、九州に捜査官が投入されているそうです。

警察ではありませんが、特別司法警察職員としての権限を持っています。犯人を捕まえる際に暴れられたりすることもあるため、拳銃の携行が可能となっています。

警視庁と昔は競って検挙をしていたそうですが、薬物犯罪を撲滅するために現在はかなり協同しているそうです。

警察は組織力で、マトリはおとり捜査として税金を利用して薬物を購入したり所持することが可能です。

この2つの組織の力を合わせて大きな事件に対処しているそうです。

スポンサーリンク

コカインとは?

今回、ピエール瀧さんが逮捕されたのは覚せい剤ではなく、コカイン!

コカインは持続時間が数十分程度あると言われています。

そのため使用頻度が増して依存度が高まるそうです。

コカインはその他の薬物と異なり、使用してから1〜2日で検出不可能になるため、使用直後に身柄を確保しないと検出されない薬物。=検挙が非常に難しい薬物なのです!

そのため高額な商品であり、セレブのドラッグとも言われています。

あまり日本では押収されていません!

2017年の主な薬物の押収量

  • 覚せい剤 1136.6kg
  • 乾燥大麻 270.5kg
  • 大麻樹脂 21.9kg
  • コカイン 11.6kg
  • MDMAなど錠剤型合成麻薬 3244状

マトリにまーくされたのはなぜ?

今回ピエール瀧容疑者はドイツなどヨーロッパ県内に時折出かけていたそうです。そのため薬物を摂取していたのではないかとマークされていたようです。

まとめ

ピエール瀧容疑者は大河ドラマにもアナと雪の女王のオラフの声優役にも出ている売れっ子俳優、そして歌手です。色々な方面で損害賠償が多額になりそうです。

人気者なのだから、薬物に手を出してしまったらどのようなことが起きるのかは想像ができることだったでしょうに、どうしてこのようなことになってしまったのでしょう。。

ピエール瀧容疑者の所属する電気グルーヴはヨーロッパのトランス・ミュージックのイベントでトリを務めるくらい人気だったそうで、海外でコカインに手を出してしまったのかもしれません。。

コカインは麻薬と異なり、グループで使用されると言われるアイテムです。まわりで一緒に使用していたら、誰かが裏切るかもしれないというのもわからなくなってしまうほど、薬物は精神的にも影響力があるのでしょう。。

☆いつも当ブログにお越し下さりどうもありがとうございます☆
よろしければランキングを押して頂けますと嬉しいです(*^^*)
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


芸能人ランキング